アトム・月命日87

2019-07-15-Mon-23:59
ワン友さんの訃報があり
最近、アトム王子との最期の事を思い出してしまう。

有難うが言えなかった事。
又、逢おうねが言えなかった事。

何より、、、
世界で一番愛してる事を伝えられなかった事。

後悔と無念を考えたらキリがないね。
別れとはやっぱり悲しみダケを残すモノなのかな。

でも出逢えた事は後悔なんかじゃない。
そして再び逢える事ダケが今の望み。

君の笑顔、大好きだったよ。.:*:・'

169.jpg

PM7:18 合掌。.:*:・'

Rest in Peace


アトム・月命日86

2019-06-15-Sat-23:59
6月は同じ年にアトム王子の後を追って逝った
父の祥月命日があり
嫌でも 『死』 について考えさせられてしまう時。

生きとし生けるもの全てに平等に訪れる 『死』

私も必ず、そうして人生の幕を閉じるのだけど、、、、
何時、どんな事を想いソノ時を迎えるんだろう。

『願わくば 花の下にて 春死なん その如月の望月の頃』

西行の詠んだ和歌で好きなモノ。
"満開の桜の木の下で死にたい" と言う意味があるそう。

そうだね、もし叶うならアトム王子や大翼が逝った時期に
自分も旅立てたらと願う。

143.jpg

PM7:18 合掌。.:*:・'

Rest in Peace


アトム・月命日85

2019-05-15-Wed-08:30
"無償の愛" なんて言葉があるけど、、、

確かにコンナ私の事を愛し続けてくれるのは
此れ迄も此れからも息子達だけ。

彼等は人間みたいに思惑があったり見返りを求めず
愛情を注いだ分だけ、、、いや、ソレ以上かな。
言葉では表せない程の愛を返してくれる。

ソコには純粋無垢な愛しか存在しない。

中でもアトム王子は常に私の事だけを愛してくれた。
何時も傍に居て守ってくれたんだよね。

だから彼が旅立った時、悲しみの前やって来たのは
独りになってしまう事の恐怖だった。

今直ぐに傍へ行きたい気持ちは変わらないけど、、、
守るモノが出来た今、少しダケ強くなれたのかな。
繋がる縁は、きっと彼が引き寄せてくれたモノ。.:*:・'

王子、何時か必ず "また逢おうね"

別れの日に願った想いを
此れからも祈り続けて生きて行くから。

141.jpg

PM7:18 合掌。.:*:・'

Rest in Peace


アトム・祥月命日7

2019-04-15-Mon-23:59
大翼に続いて本日、アトム王子の祥月命日。

403.jpg

最愛の息子、大翼とアトム王子が4月に旅立ってから
一年で一番好きだった季節が切ない時期になった。

IMG_20190408_125323.jpg

そして大好きな桜の花も、、、
私の中では悲しみの象徴になってしまった。

IMG_20190408_125341.jpg

でも時を重ね4月が切ないダケじゃなくなって来た。
近年は少し違った考えも出来る様になったのかな。

IMG_20190408_125415.jpg

春に旅立てたのは神様からのご褒美。
"一生懸命に天命を全うしたね" って。

IMG_20190408_125331.jpg

此方の世界を卒業して新しい世界へ行く為の始まりの時。
それが 『春』 だったと思えば何て素敵な事。

春で良かったねって、、、今はそう思える様にもなって来たよ。

IMG_20190408_125426.jpg

Rest in Peace
2012/4/15 PM7:18 合掌。.:*:・'


アトム・月命日83

2019-03-15-Fri-17:46
3月、春の足音が聞こえる頃。
アトム王子の闘病生活、真っ只中な時期。

GW迄、持つか持たないかとの余命宣告。
でも、その命は桜の開花さえ待てない様な儚さだった。

目の前にある現実が全て夢だったら良いと嘆き悲しみ
何時か独りになる不安が心の中渦巻いてた。

あの時の空虚感は昨日の事の様に思い出せるけど、、、
王子、7年経ってママは少しダケ強くなったよ。

来月は七回目の祥月命日。

大翼と一緒に覗きに来てね。
その頃には大好きな桜の花が満開になります様に。.:*:・'

286.jpg

PM7:18 合掌。.:*:・'

Rest in Peace


HOME NEXT