涙を拭いて

2007-07-10-Tue-22:52
闘病中のウランがお風呂に入れない為に蚤orダニが発生!

ウヒャ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!!

子供達には速攻でフロントラインをつけたけど
どうも家中に発生したらしく痒くてたまらない。
そんな訳でバルサン退治をする事に決定。

そして此れを機会にPonのタワーベットを処分する事を決めた!

Ponの死後は大翼の時とは違って
彼の使ってた食器やトイレは直ぐに片付けたんだよね。
何でか?って何でだろ?
それは家の中で一緒に暮らして来たPonと外飼いだった大翼との違いかな。
思い出の数々を日常の中で目の当りにするのが凄く辛かったんだ。

でもね、、Ponのお気に入りだった窓辺に設置したタワーベット。
此れだけはどうしても片付ける事が出来なくて
お骨になったPonを仏壇には入れず今迄ずっとそこに置いてた。
そして、それを見る度に窓の外を見つめる生前のPonの姿を重ねては涙。
今でもPonがそこに座って居る様な気がしちゃってね。

でももうそろそろ、涙・涙で思い出すのは止めにしなきゃなって。
此れからはPonを思い出す時は一緒に過ごした楽しかった時間を
笑って振り返る様にして行かなくちゃって思えて来たんだ。
だからPonの死を受け入れて悲しむ事から一歩踏み出そうって。

断言する。私は此れから先、猫と暮らす事は二度とないと思う。
もちろん今でも猫は大好きだし他の家の猫を見ると可愛いって思うよ。
でも自分の生涯の中に猫はLeoponだけだなって決めたから。

今日は大翼の3回目の月命日で金曜日にはPonの四十九日を迎える。
我が家は今お花で埋もれてます。合掌。.:*:・'


HOME