それも運命なんて言葉では…

2008-10-23-Thu-21:19
アトム王子の近況報告。

疑わしいのは膵臓 or 腎臓との事だったけど
やっぱり大学病院の検査でも、かかりつけの病院と同様
際立って悪いところはないって結果。

でもCRPって言う体内で炎症が起きてるかどうか調べる検査で
正常値1のところアトム王子は4.3と数値が高かったんで
何かしら異常はあったみたいだと。
その何かしらって何?って感じなんだけどね。(苦笑)

現在あの症状は出てなくて普通の生活を送ってるけど
一昨日の夜にはオシッコに少し血が混じってたりして。
でもその時だけで血尿が続く事もないから今は経過観察中。
こんな感じでアトム王子の体調については
症状が治まってても油断は出来ない日々。

此処で、ちょっと話はそれるんだけど…

今朝TVのワイドショーで保健所に送られるワン・ニャンの特集をやってた。
この手の内容の番組って嫌だから普段は見ないんだけど
今日は何故か見ちゃって。やっぱり後味の悪い気分。

ペットを保健所に引き渡す理由って言うのが
病気になったから、高齢になったから、子供を産んで大変だから。
どれもこれも自分の耳を疑いたくなるくらい人間の身勝手なもの。

一番胸が痛くなったのは
アトム王子と同じ年のワンコが飼いきれないとの理由で引き渡されてたやつ。
ハァ?って感じ。飼いきれないってどういう事?
どう考えても私には理解出来ない理由。

どんな事をしてもアトム王子を守りたい。
アトム王子の苦痛が治るならどんな事をしてでも治してあげたい。
アトム王子の闘病+ウー姫の闘病となると
正直言って金銭的にもキツイ部分がある事も確か。
だけどアトム王子もウー姫も大切な家族じゃない?

彼等を家族の一員として迎えた時から
親として出来る限りの事をするのが私と親父サマの想い。
所詮ペットなんて軽視は出来ないよ。

でもその一方で老いたから面倒とか、病気でお金がかかるから面倒とか
身勝手な理由で何の障害もない健康な命を捨てる人間が居るのも事実。

尊い命。それは人間だって犬だって猫だって同じ事なのに
迎える飼い主によって運命が左右されちゃうなんて切ない話よね。

でも、それも運命…
そんな言葉で片付けちゃうには何だか寂し過ぎる。


HOME NEXT