エルフちゃん、又ね

2009-05-28-Thu-23:26
今月も残りわずか。相変わらず暇。今のところ先の見通しは立たず。
こんな経営状態じゃ色々な物を削減しないと!
そんな訳で今日は、とりあえず経費の掛かる会社のトラックを引き取って貰った。
2月に私の車を処分したのに続いて今度は会社の車かぁ。
ηακετα..._〆(T-T*)

硝子屋の象徴でもある『うま』を設置したトラック。
『うま』って言うのは硝子の専用キャリアとでも言うか現場に移動する際の置台の事。
我が家には私が子供の時から乗用車と仕事用のトラックがあって
何故だか私と兄貴は乗用車よりもトラックの方が好きだった。
小さい頃は荷台に乗り込んで隠れたり、うまに登ったりして良く遊んだもんだ。
今思えば硝子を積んである時は怪我の危険もあっただったろうに。
でも親父サマに怒られた記憶はなく、むしろ良く荷台に乗せてくれた。
こんな二人の為に、わざわざトラックでドライヴをしてくれた事も多々。
時には現場にも着いて行った。額に汗して働く若き日の親父サマは
子供心にも凄く格好良く映った。

そして私がマニュアル車を好んで運転する様になったきっかけもトラック。

免許を取得するのに教習期限ギリギリ迄かかってしまう鈍い私。
此処で普通の父親なら免許取得後はオートマ車を勧めると思うんだけど親父サマは違った。
『今後オートマの運転は禁止!将来、自家用車を買う時は絶対マニュアル車!』
これは鈍い私がオートマ車の運転に慣れてしまって
以後マニュアル車の運転が出来なくなってしまったら困ると思ったからなんだと。
後、もう一つが『硝子屋の娘なんだからトラックくらい運転出来ないと困る!』
そんな自論から乗用車の運転に少し慣れた頃トラックの運転の練習も始めた。
一番最初にトラックを運転させられたのは首都高。これって凄くない?
だってまだ乗用車でも高速を走った事がなかったんだから。
忘れもしない小田原の現場だったかな?手に汗を握りながら運転したのを憶えてる。
トラックなのに左車線をノロノロ走って軽に煽られたりね。今思うと本当笑える。
親父サマに言わせると、どんな道でも運転出来なきゃ免許を持ってる意味がないってね。
確かに。都心の道や高速は怖くて運転出来ない人って居るよね?
女性には多いかと思う。でも硝子屋の娘としては、それじゃ使えないって話。
今でも当時の事を時々話すけど車の運転に関しては結構スパルタだった親父サマ。
他の面でも厳しくしてくれたら横道に逸れる事はなかったのにねぇ。(苦笑)
お陰で一通りの車は乗りこなせる様になった。

そんな数々のエピソードがあるトラック。ある意味、私にとっては硝子屋である親父サマの象徴。
それを手放した事は凄く寂しいし何より一番辛い思いをしてる親父サマの事を考えると
今日はとってもナーバス。@(´・ェ・`)@ ショボーン

会社と言っても小さな規模だが我が家の家業も今年で21年目になる。
仕事上でのトラブルや困難はもちろんの事、プライベートでも母が他界したり
父自身が大病を患ったりと今迄、色々な危機が幾つもあった。
でも、その度にどうにか乗り越えて細々ながらも借金を作らずやって来た。
しかし今回の様な不況は初めてで先行きを考えると真っ暗闇。
だけど何とか持ち堪えて貰いたい。そして私も一緒に頑張って行きたい。

景気が回復したら又トラック入れようね。で、又うま積んで一緒に乗るの。
どんな事があっても私は親父サマの事、心から尊敬してるよ。
だから辛くても一緒に頑張ろうぜ、親父っ!
o(*・`д・)p.゚+。FIGΗΤ。+゚.q(・д´・*)o゙


HOME