落下事故

2009-06-04-Thu-23:49
昨日、板橋のマンション建設現場で起きたクレーン落下事故。
作業員2人が下敷きになって1人が死亡、もう1人は重傷だって。
現場での仕事は常に危険が伴う。少しの気の緩みや油断が大事故を引き起こす。
職種は違うが同じ現場仕事に携わる者としてはスルー出来ないニュース。

我が家でもゴンドラに乗って作業する時やトップライトの取り付け工事の時は
転落なんかが心配で皆が無事に帰って来るまではホっと出来ない。

実際、硝子の仕事は怪我が多い。それも命に関わる様な場合もある。
一口に硝子と言っても小さな物から大きな物と色々な種類があって
我が家で扱ってる硝子は、かなり大きくて重量のある物が多い。
だから作業中はもちろん取扱いも慎重に行なわないと怪我や事故に繋がる。

幸い我が家では死亡事故や命に関わる様な怪我人を出した事はないが
親父サマや兄貴は指と指の間が裂けたり、指がぶらさがる様な大怪我をした事がある。
私も以前、自宅の庭に置いていた硝子が倒れて来て左腕に大怪我を負った。
肘の裏から手首にかけて残った傷跡は、まるでリストカットを繰り返した人みたいだ。
こんな感じで細かい怪我は思い出したらキリがない。
なので従業員には普段から緊張感を持って作業する事を心掛けて貰っている。

どんな仕事でも言える事だけど怪我や事故を起こしたら大変だからね。
ましてや死亡事故なんて言ったら、その後の問題は当事者を始め
会社の責任者、現場監督、各関係者に及ぶ。損害は多大だ。
我が家は現在、暇な毎日が続いていて空きの日が多いけど
この先現場が出たら皆には、より一層気を引き締めて頑張って貰いたい。


HOME