最高だったよ

2012-06-27-Wed-21:00
親父サマが亡くなって三週間以上が経過。

此の数週間は本当に駆け足でバタバタ。====┏(;´Д`)┛
葬儀を済ませたから終わりじゃなくてポロポロとやる事は一杯っっ!
で、、月曜日に兄貴と家裁へ行って相続放棄の手続きをして少し一段落。

"お前には一切迷惑をかけない!"
"お前の世話にはならないから安心しろ”

此れは闘病生活に入る前、会社やその他の事について話合いをする度に
意見が噛み合わなくなると逆切れて言ってた言葉。兄貴にも同じだったみたい。

どうしてもっと聞く耳を持ってくれなかったんだろう?
どうしてもっと早く病気と向き合ってくれなかったんだろう?
私同様、兄貴も親父サマに対しては沢山の "どうして?" と "もしも"
お互い違った立場で何故?と思う部分が一杯あるんだよね。
だから家裁へ向かう道のり兄貴と二人して親父サマの文句をブーブー(`Д´,,)ノ
だって結局、最後は親父には兄貴と私しか居なかったもの。

だけど帰り際になったら兄貴が "でも此れが親父なんだよね" って。
ソレを聞いた瞬間もう何をどうとか言う気持ちが無くなったよ。
そだね。此れが親父なんだよね。

"イイ親父だったよ" ……私もそう思う。

兎に角、人が一人亡くなるって大変な事だと改めて実感。
母親や祖母を一人で送り出して来た親父サマは立派です。やっぱり尊敬!

残すは来月の納骨だな。
此れは内々でひっそりとって言うか家族だけで執り行おうかと思ってる。
自宅で親父サマと過ごすのも後わずかだな。親父もう少し一緒に居ようね。


HOME NEXT