素敵な偶然

2012-07-31-Tue-21:04
仔犬とは言え大型犬へと成長するビスとの暮らしは未知の部分が多い。
一体、此れから先どんな悩みや問題と遭遇するんだろう?
だけど、そんな不安も楽しみの一つだったりする。
初めて室内犬を迎えたアトム王子の時と比べると凄い心の余裕だ。

思えば、あの頃は全てが手探りで失敗だらけだった。
過ごす環境一つとっても今みたいにケージも無ければサークルも無い。
そもそも仔犬を迎えるにあたり何を揃えておけば良いのかも判らず。
スムーズに運んだのは躾が入ってたトリミングだけ。(苦笑)
当時、経験の無い自分には理解出来ない事の連続で
マニュアル通りに行かないと悩んで焦って凹んでた。
所詮マニュアルはマニュアルでしかないと気付くのは何時だったっけ?
後になってアトム王子には随分力んで接したと心から申し訳なく思った。

ワンニャンの一生は駆け足で過ぎて行く。出逢った喜びの先には必ず来る別れ。
そしてそれは再び残される立場になる覚悟をすると言う事。
アトム王子の闘病生活中はワンとの生活はコバで最後にしようと思ってた。
もう此れ以上、胸に痛みが刻まれる悲しみと向き合いたくはないって。

だけどビスに出逢って生活する中で気持ちが変わって来たと思う。
今こうして不安がありつつも楽しんで育児が出来るのは
大翼やアトム王子、彼等のお陰。日々亡き彼等に感謝する事が多々。
昨夜の記事に書いた "繋がってる" って言うのはこう言う意味。

偶然にも私と同じ時期に愛犬を亡くしたピグ友サンが
又しても同じ時期に仔犬を迎えた事を知った。
そして、その仔犬チャンの誕生日がビスと3日違いだって言うから
何て素敵な偶然だろう!・:*:・(*´ー`喜)。・:*:・

彼等と過ごす時間は楽しい事ばかりじゃない。
きっと此れからも色々あるんだろう。
でも生まれて来てくれて有難う。今心から思う。
そして空の上で見守ってくれる仔達と一緒に
一杯愛して倖せにしてあげたいね。.:*:・'


HOME NEXT