走っておいでよ・月命日4

2012-08-15-Wed-21:50
15日、アトム王子の4度目の月命日。PM7:18 合掌。.:*:・'
初盆。王子、、、チャント戻って来てるよね?

彼の死は思わぬアクシデントでもなければ予期せぬトラブルでもない。
言わば天命。判っているけど悲しいし時間が経っても切ないね。

お風呂とトイレに入る以外は何時も一緒に居た私達。
それだって我が家は常にバリアフリーだからドア全開だったし。(笑)
姿が見えないなんて言うのは互いが入院した時だけじゃない?

夜 "オヤスミ" を言って朝、目覚めれば隣にはアトム王子が居る。
それは当たり前の日常で倖せ過ぎる事に何の疑問も持たなかった。
同時にそれが永遠に続かない事も判ってて
常に恐怖とも背中合わせだったんだけど…ね。
そして今は彼の居ない日常が当たり前になって行く。

日々過ごす中で彼の居ない場面には少しづつ慣れて来たけど
今でも度々ふとした拍子にスイッチが入るとどうにもならなくなる。
こう言う気持ちって言葉では上手く説明出来ないけど
そんな時は思い切り号泣して冷静になる迄ひたすら泣く…

ってな事をアトム王子の妹・キラママにメールしたら
"アト兄と同じような存在は現れなくていいんだと思うよ
逆に、そういう気持ちにさせてくれる存在がいた事が凄い事なんだもん"
って返信が来た。ウルウル m(T-T)m ウルウル

実はキラママにはアトム王子のお骨は手元に置かない方が良いって言われてた。
彼女は私がアトム王子にどれだけ想い入れがあるのか一番良く知ってるし
彼女自身キララ嬢を迎える前に亡くした最愛のクッキーの時にペットロスに陥って
そりゃ壮絶な悲しい日々を過ごした経験がある。
だから、お骨を手放さないと何時までも悲しみから抜けられないだろうって。
でも今回のメールでは、こんな温かい言葉を贈ってくれた。

彼女は11年経って今は詳細に思い出せなくなって来たし悲しくはないって。
だからatoチャンも踏ん張れ~って。ビスマスを受け入れる事にも賛成してくれた。

だね。アトム王子は特別だから…ずっと私の王子様だから…
此のままで居ても良いんだよね?
無理にアトム王子を思い出にする必要もなければ忘れる必要もない。
きっと時間が経てば自然と胸の中に納まって涙も笑顔に変わる。

こんなショボショボな私の人生にアトム王子が触れ合ってくれた事は奇跡。
だから出逢えた事に感謝。生まれて来てくれた事に有難う。
そして大切なアトム王子を私に託してくれた先生に心から感謝申し上げます。

RIP

目を閉じれば浮かんで来るよ。君が私を目掛けて走って来る姿。
どんな時でも真っ直ぐに私だけを見つめてくれた瞳。
王子、何時でも走っておいで。ママは両手を広げて待ってるよ。
どんなに時を重ねても忘れない。
今迄と変わらず王子の事を一杯々々愛し続けるよ。

Thank you for the lucky chance to meet you.
be my Prince forever。.:*:・'


HOME