君の匂い・月命日8

2012-12-15-Sat-23:54
クリスマスが近づいてイルミネーションや綺麗に飾られたデコレーション
彩られたツリーを見る機会が多くなった。皆クリスマス一色に染まって来たね。

そんな光景を見る度に君と過ごした時間が甦って来る。
楽しかったな。倖せだったな、、、同時に胸が疼く。

今年も一緒にイヴを迎えてお祝いしたかったね。
アトム王子の大好きなケーキを買って何時も通りプレゼントは洋服で。

朝目が覚めたら真っ先に "誕生日オメデトウ!" って言うのが毎年の事。
まだ眠たそうな顔にチュってすると "ウザっ" って言わんばかりにプイって背ける。
嫌な顔してソッポを向く仕草が生意気だけど可愛くて大好きだった。

永遠の命なんて無いから何時かは君が先に旅立って残されてしまう事
ずっと前から、、出逢った時から判ってたよ。でも寂しいね。

欲を言えば後もう少し君と居たかった。
2年、1年、、いや…少しでも良いから君と過ごせる時間が延びて
一緒にクリスマスイヴを迎えてオメデトウって祝福したかった。

でも此の痛みは寂しいだけじゃないから…
此の痛みを以て、、強く生きて行ける気がする。

そして此の痛みが心の中に居る王子を何時も感じさせてくれる。

だから姿は無くてもイヴ本番が来たら一緒に祝福しようね。
そう思うと何時も通りの12月。君の匂いがする此の時期が大好きだ。
PM7:18 合掌。.:*:・'

rip5.gif

Wishing you a wonderful birthday......


HOME