春の足音・月命日11

2013-03-15-Fri-21:45
2月の初旬、細胞診をしても腫瘍と言う所見は認められなかった。
それでも確実に弱って行くアトム王子を見てて不安は募るばかり。

推測だったりした事がハッキリと形になったのは3月。
春の足音が聞こえる少し前だったね。

肺転移が認められ腎臓にあった影が腫瘍と判明した。
同時に余命が1ヵ月弱しか無い事、恐らくGW迄は持たないであろう事。
胸が突き破られる程の痛みって言うのは、あの日の時の事を言うのかな。

そして実際アトム王子は余命宣告よりももっと早く逝っちゃったね。

此の頃、殆ど食事を取れなくなって一気に衰弱して行ったアトム王子。
それでも大好きな遊歩道をヨロヨロしながら頑張って歩いてた。

一周が半周になって最後には私に抱っこされながらになっちゃったけど
大好きな場所でワン友のパパやママに、、、
"お父サン、頑張るんだよ。" って声を掛けて貰って。
きっとアトム王子にとっては何よりも元気の素になったんだろうね。

rip8

段々と暖かい日が多くなって今年も春の足音が近付いて来た。
そこに君の姿は無くなってしまったけど、、、
春の訪れと共に君が残した足跡は又想いを以て蘇るね。

だから歩く。此れからもずっと君と一緒に歩いた道を。
触れられなくても、きっと横に居る。歩いてる。見つめてる。
PM7:18 合掌。.:*:・'

It is connected even if we leave it.


HOME