君が残したメッセージ・月命日22

2014-02-15-Sat-20:59
腫瘍の疑いを宣告されて不安を抱きながら日々を送る中
それが "疑い" ではないと確信したのが、、、

2月17日、私の誕生日。

私が誕生した時とほぼ同じ時刻に起きたアトム王子の異変。
此の日から彼の完治する事のない病魔との闘いが始まった。

だから私は自分のBirthdayを迎える度に複雑な気持ちになるんだ。

今迄漠然としてた事が現実になろうとしてる。
彼との別れを覚悟した日。さよならする事を悟った日。

あの日、私はどれだけ泣いたんだっけ…

でも今は彼が此の日を選んだ事には何かしら意味があるんだと思う。
彼なりに何か大切なメッセージを残したのかなって。
それが何なのか。まだ今の私には良く判らないけど。

何時か答えが見えて "王子、判ったよ~" って、、、
言える時は再会する時なのかな。

唯一つ言えるのは彼が居たから、彼と出逢えたから
私のショボイ人生も一時は薔薇色だったよ。

rip18

時間が経って少しだけ色々な事を冷静に思える自分が居るけど
日常の中にある彼の影は薄れる事なく色を以て輝き続ける。

王子、此れからも、、、
ず~っと一緒に生きて行こうね。

PM7:18 合掌。.:*:・'


HOME