アトム・月命日58

2017-02-15-Wed-18:16
疑わしき影の存在が疑いではなくなったのは
皮肉にも私の誕生日だった。

しかも異変が起きたのは私の出生時刻と
ほぼ同じ位の時間、、、

"どうして?"

君の死については 『何故?』 が一杯だった。
親父サマを選んで逝った事、、、
そして私の誕生日を
死へのカウントダウンの始まりに選んだ事。

今春、君が逝って5年。

今でも色々と考える。
未だ君を想って涙を流す事も多々。
心の隅にある、どうしても埋まらない切なさは
ずっと、あの頃のまま。

110410_153638.jpg

決して消えない足跡を残して
君は最後に覚悟する強さをくれたのかな。

解けない疑問の答えは
何時か再会した時に必ず教えてね。

PM7:18 合掌。.:*:・'

Rest in Peace


COMMENT



コメントの投稿

HOME