母の記憶

2017-11-06-Mon-00:04
母と会えなくなって、もう何年になるだろう。
最後に交わした言葉は何だったっけ?

ソンナふうに記憶が曖昧になる位
母との思い出は遠い昔の事になって行く。

でも、どんなに時が経っても確かなのは
自分の世界の中で母は唯一の存在だったって事。

母の死については思う所が沢山あって、、、

自分が歳を重ねる毎に
悲しみだけじゃない感情が増えて行った。

もしも今、話せる事が可能だったら、、、

言いたい事は沢山ある。
聞きたい事も沢山ある。

それは怒りの部分が大きいかもしれない。
けれども同じ位に感謝の想いも沢山。

何故なら私が此処に居るのは
彼女が存在したからだから、、、

そんな複雑な想いと葛藤しながら
今年も貴女の為に祈ります。

nepal-401_960_720.jpg

Rest in Peace.




COMMENT



コメントの投稿

HOME