アトム・月命日66

2017-10-15-Sun-19:13
先日、アトム王子の弟のコバっちの同胎の兄弟が
虹の橋を渡り、お星様になった。

こうして訃報を知る度に思う事だけど、、、

此の仔等の時間は私達人間と比べると
物凄い早さで過ぎて行ってしまう。

可愛いパピコで迎えても
何時しか時の流れは追い越され
どんなに駆け足で走っても
決して追い付く事はなくなってしまう。

看取る事、見送る事の意味と覚悟。

アトム王子が空へ戻って5年が経ったけれど
彼の供養を願いながら後悔と懺悔の想いで
悲しみが消えないままであるのも正直な所。

ソレは最期が彼の望む形ではなかった事を判ってるから。
だから未だに笑って思い出す事が難しいんだよね。

でもね、、、向き合って行こうと思う。

彼が残してくれた輝く時間は
彼が強く生き抜いた証だから。

何時か心から笑って "有難う" って、、、
そう言えたらいいね。.:*:・'

8-6 005

PM7:18 合掌。.:*:・'

Rest in Peace


COMMENT



コメントの投稿

HOME