願い

2008-08-19-Tue-22:34
アトム王子とコバっちのお散歩コースで子猫の亡骸と遭遇。
こんな光景に出くわすのは今年に入って何度目?

やっと目が開いたくらいの大きさの子猫。

野良猫が出産して彷徨う赤ちゃんをカラスが突き殺したのか
飼い猫の赤ちゃんを誰かが放置した結末なのか
それは判らないけど。

ただ何時もこんな場面に遭遇する度に胸が痛くなる。

生きたくても生きれない命。
死の病魔と闘いながら懸命に生を繋ぐ命。

そんな儚い命が幾つもあるのにね。

どんな理由でこの子猫がこうなったのかは判らないけど
こんな無残な死を見る事がなくなる事を切に願う。

悲しいね。


COMMENT



コメントの投稿

HOME